« おーるすたあ | トップページ | 脳の探求? 監修! »

2007年5月15日 (火)

論文

CiNiiを「武術」で検索したら、こんなタイトルのものが⇒CiNii - グーグルVS.古武術&最新脳科学 現代科学を"身体性"と"クオリア"で乗り越える--対談

うーむ、タイトルだけじゃ、内容の見当がつかない…。一体、何が書いてあるんだろう。

しかし甲野さん、引っ張りだこですねえ。

あ、そうそう。全く余談なんですが、「国際生命情報科学会」で検索すると、なかなかステキな論文に出会えます。アブストラクトだけでも、唸れます。たとえば、

これ⇒CiNii - スプーン曲げにおける生理測定(会長報告)(Without Peer Review)(第13回生命情報科学シンポジウム)とか、

これ⇒CiNii - 量子ホログラフィック原理に基づく非局在医療の意識情報モデル(セション<ヒーリング・セラピー>,第22回生命情報科学シンポジウム)とか、

これ⇒CiNii - 祈りによるヒーリングの科学的検討(セション<ヒーリング・セラピー>,第22回生命情報科学シンポジウム)とか、

これ⇒CiNii - マイナスイオンに帯電した空気の電位と光強度の関係(セション<その他>,第22回生命情報科学シンポジウム)とか。

一つ取り上げてみます⇒CiNii - 心身統一合氣道における正面打ちの生理効果

「正面打ちという護身術」って、正面打ちを制する各種の技法という事でいいんですよね? 本文が読めないので、具体的には論評できませんけれど、「気とはどのようなものかを生理的な方法で調べた。」(「生理的」? 後、「脳波的」って…。ちょっと引っかかっただけですが)という表現は、何か変な気がします。技を行っている際の脳活動を調べた、というくらいじゃないかなあ。細かい事ですが。同じ学会の他の論文のタイトルとかを見ると、気を、超心理学的概念として捉えている様に見えるので、何だかちょっと、怪しいです。※武術に不案内な方の為に補足。武術では、相手の攻撃を先読みする事を、「気を読む」と言ったりする場合があります。それを調べた訳ですね。で、「正面打ち」というのは、(一般的には)技を掛けられる側が、大きく腕を振りかぶって、手刀を相手の頭に打ち下ろす、という意味です。それに応じて、色々な技を掛ける訳ですね。なので、文字通りに「正面打ちという護身術」を読むと、違和感が。少なくとも、武術を知らない人には、不親切ですね。

|

« おーるすたあ | トップページ | 脳の探求? 監修! »

「科学論」カテゴリの記事

コメント

ははは…。

リンク先の論文の著者が、今やってる超能力番組に出てるよ…。

何たるシンクロニシティ!

投稿: TAKESAN | 2007年5月15日 (火) 20:14

最近流行りのものを取り入れているって感じだなあ。
脳科学とか。

しかし、あの手の番組で、「二重盲検法」って言葉を聞くとは。

投稿: TAKESAN | 2007年5月15日 (火) 20:28

確率20万分の1って…。

あそこで書く人が、漢字を20万知ってる訳じゃ無いし。

投稿: TAKESAN | 2007年5月15日 (火) 20:36

マリックさんが、あんな風に肯定したらダメじゃ? と思うのですが。業界内での評価はともかく、一般には、マジックの凄い人、と思われている訳ですから。

投稿: TAKESAN | 2007年5月15日 (火) 20:54

何だか、全く伝わっていない気が。

と言うか、どこが気に障ったのか、解る様な解らない様な、という感じ。

投稿: TAKESAN | 2007年5月16日 (水) 02:22

もしかしたら、私が超能力に肯定的だ、と思われたのかな? だとすれば、ながぴいさんのああいったレスをしたのは、合点がいきます。

投稿: TAKESAN | 2007年5月16日 (水) 02:54

 >ながぴいさんのああいったレスをした
 >のは
訂正
 →ながぴいさん”が”ああいったレスを

結局、私のコメントの、どこが引っかかったんだろう? そこがちと、腑に落ちない。

ま、いっか。

投稿: TAKESAN | 2007年5月16日 (水) 12:29

おお、『秘伝』にも出るか⇒http://www.bab.co.jp/hiden/new/index.html

↑「最新刊」へのリンクです。

「特集 見えない強さの正体を見よ! 氣とは何か」を見て下さい。
武術関連の本に、どういうのが載っているかが、よく解ると思います。慣れていない人には、クラクラの内容かも。

町好雄氏は、有名な方なんですねえ、こちら方面では。ちゃんと認識していなかったのですが、テレビで何度か、観た事あるかも。ググると、色々出てきますね。

投稿: TAKESAN | 2007年5月16日 (水) 16:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/6415500

この記事へのトラックバック一覧です: 論文:

« おーるすたあ | トップページ | 脳の探求? 監修! »