« どこへ、と言われても | トップページ | 真の連帯って、何よ? »

2007年4月26日 (木)

ノイズ

ロテ職人の臨床心理学的Blog: ネット上の議論における感情表現

私もそう思いますね。議論においては、感情表現をなるべく控えないと、建設的なものにはならないでしょうね。

用いられる単語・用語・概念だったりの定義が全ての人に共通するものならば「内容」は容易に伝わるはずなのですが、必ずしもそうではなかったりするのですよね。「自分にとって普通だと思われることが、他人とっては普通ではない」場合があるからこそ、自分と相手が使っている言葉の意味を明確にしながら、確認しながらでないと、議論は成立しえないでしょう。

相手が言った事を、脳内辞書で解釈し、誤解したまま批判を繰り広げる、というのは、結構見られます。「相手はどんな意味でこの語を用いているのだろうか」、という、「読み」が、必要だと思います。

私も、出来るだけ、感情表現は、用いない様にしています。そうすると、「冷たい」感じの文章になるんですけどね。それと、丁寧な言葉遣いを、心掛けています。日常生活では絶対に有り得ない様な(笑) これは、余り、相手の感情を動かさない為の、方略ですね。尤も、慇懃無礼と取られる可能性も、ある訳ですが。

ロテ職人さんが仰る様に、テキストベースのやり取りでは、情報量が圧倒的に少ないですから、慎重に言葉を遣っていかないと、誤解を生んでしまいますね。

私は、「相手が何を言いたいか」を、出来うる限り、忖度するべきだと考えています。「相手を言い負かす」のが目的の議論では無い訳ですしね。

結局、「ずれ」が生じる、という事なのですよね。そして、感情表現は、正に個人で完結するものであり、それを確かめるのは難しいので、議論の場では、ノイズとして作用してしまいます。

でも、「自分はどうなんだ?」と言われそうですが…。ある程度は出来ているかな、とは自覚していますけれど。どんどん指摘して頂ければ、ありがたいです。

そうそう、誤解されるとあれなので。

ここで言っているのは、「議論において」、という事ですね。雑談の様なやり取りだったら、構わないと思います。と言うか、それなら、私も書きますしね。

|

« どこへ、と言われても | トップページ | 真の連帯って、何よ? »

「随想」カテゴリの記事

コメント

む、TBが上手くいかない…。

投稿: TAKESAN | 2007年4月26日 (木) 12:26

言及いただきありがとうございます。

ひょっとして「初めまして」になるのでしょうか?(違ってたらすみません)

さて

> 「相手はどんな意味でこの語を用いているのだろうか」、
> という、「読み」が、必要だと思います。

私はそういうことを推測したり、忖度したりはむしろしない方がいいと思います。それによってズレが生じる可能性があるわけですから。

わからないのであれば、まず直接聞いてみるのが一番かと。ひょっとしたら相手は思いもよらないような定義でその言葉を使っているのかもしれないですし、あるいは自分自身が言葉を知らないだけかもしれません。

相手の言っている「内容」をテキストベースで理解していくためには、感情抜きで(もちろんその感情は否定的なものも肯定的なものも含みます)相手の言っていることを、自分の枠組みではなく相手の枠組みで理解していくことが必要なのではないかと考えます。

投稿: ロテ職人 | 2007年4月27日 (金) 06:21

ロテ職人さん、今日は。

 >ひょっとして「初めまして」になる
 >のでしょうか?
何度か、「偏食」について言及なさったエントリーに、お邪魔した事があります。確か昨年でした。

勿論、私の書いた「読み」というのは、相手の認識を決め付けてしまうのでは無く、相手に尋ねる事も含めています。文脈や過去の発言、文体等を参照して読み取る、という事も、含んでいます。
私も、解らない部分があれば、尋ねる様に心掛けていて、なるべく「会話」に近づける様に、しています。友人と話す場合の様に、ですね。

私の基本的な姿勢は、こんな感じですね⇒http://seisin-isiki-karada.cocolog-nifty.com/blog/cat452791/index.html

投稿: TAKESAN | 2007年4月27日 (金) 13:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/6211281

この記事へのトラックバック一覧です: ノイズ:

« どこへ、と言われても | トップページ | 真の連帯って、何よ? »