« ひとの話を… | トップページ | 稽古の心構え »

2007年4月11日 (水)

アニメ離れ

痛いニュース(ノ∀`):子供のアニメ離れが加速「アニメはもう子供たちのファーストチョイスではない」

あー、そういえば、夕方のアニメの再放送って、最近全然やってないですね。

ルパンとかタイムボカンシリーズとかハクション大魔王とか。赤塚不二夫作品とかも。

今は、CSとかケーブルテレビで、専門チャンネルがありますから(アニマックスとか)、そっちで観てるんじゃないですかね。あ、でも、それは、「懐かしんで」観る人が、大半なのか。

2ちゃんねるの反応にもありますが、世代問わずに受けるのが、少ないのですかね。名作劇場とか、今やっても、そこそこ人気は出そうですけれど。

趣味・嗜好が多様化した、っていうのは、あるかな。携帯ゲームの普及も、大きかったり。でも、昔も多様だった気もします。結局、何を面白く思うか、という事でしょうね。

…いや、そもそも、「子どものアニメ離れ」ってのが、本当に言えるのかどうか、よく解りませんけれど。

|

« ひとの話を… | トップページ | 稽古の心構え »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

又、間違えてアップしてしまった…。
明日の7時頃に上げようと思ったのに、今日付けにしてしまいました。

投稿: TAKESAN | 2007年4月11日 (水) 19:04

うーん(^_^;)
何と言うか、私自身基本アニメオタクなんですけど、ここ15年くらいで、マーケティングの力が強くなりすぎて、地上波で放送されるアニメの場合は特に「みんなが見てそこそこ視聴率がとれてそこそこグッズが売れるアニメ」より「地上波での視聴率は取れなくても、放送後に死ぬほどリリースされるDVDやCD、グッズにコアなオタクがお金を注ぎ込んでくれるアニメ」を作ろうとする方法論が確立されてしまったのが原因かなとは思うんです。
最近個人的にこの流れの最たるものだと思ったのは、今日本で一番売れているジャンプ連載のマンガ「ワンピース」のアニメがゴールデンタイムから外されて、日曜日の朝の放送になった事です。
ネットのあるこの時代に東京から2週間遅れで放送している地域もありますし、放送自体を打ち切られた地域もあります。
少年ジャンプ連載の原作付きアニメという抜群の知名度を誇り、広く大きなファン層を持つワンピースですら、コアなオタクの購買力に頼って乱立するアニメに勝てないのかと愕然としました。
こんな現象はホントに今まで無かったように思います。

投稿: 内海 | 2007年4月11日 (水) 22:44

内海さん、今晩は。

DVD化(とか、関連商品)で利益を上げるというのは、最近主流ですよね。映画コンテンツもそうですね。
2ちゃんねるの反応は、結構、的を射ている気がします。

最近では、少年漫画誌の色合いも、随分変わってきて…。一誌につき、2・3タイトルくらいしか、読んでいないですねえ。ジャンプだと、『BLEACH』と『NARUTO』とか(こち亀は別格として)。

----------

アニメの放映時間が替わるに当たって、地方では打ち切りになる、というのは、ありますよね。毎回観ていたアニメが打ち切りになって、「えーっ、観てたのに…。」となった事が、何度もあります。

投稿: TAKESAN | 2007年4月12日 (木) 01:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/6055816

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ離れ:

« ひとの話を… | トップページ | 稽古の心構え »