« 影響 | トップページ | 全国大会。めぢから »

2007年4月15日 (日)

委員会

まさか、後藤さんが、あの番組で取り上げられるとは。

三宅さんは、仮想的世界で遊んでいるなあ。しかも、声がでかいから、タチが悪い。ざこばさんもね。

「昔は良かった」が、好きですねえ。

ところで、「今時の若者」って、何歳から何歳なんでしょう。

|

« 影響 | トップページ | 全国大会。めぢから »

「メディア論」カテゴリの記事

「社会論」カテゴリの記事

コメント

私は今週の「そこまで言って委員会」を見れなかった、というより見ませんでした。
浜六郎氏が出演したタミフルの時の放送を見て愛想が尽きたというか、バラエティとしてもレベルの低い何も無い空疎な意見の垂れ流しでしか無いと確信しました。
三宅久之に関しては菊池さんもブログで少し批判されてましたが、彼だけではなく、あの番組の出演者は宮崎哲哉以外は人の話もろくに聞かない上に、勉強もせずあらゆる話題に自分の持つ先入観や感情論からしか発言できない人達ですし。実はその中でも、私自身は桂ざこばが一番問題だと思ってまして、彼のようなタイプのタレントの発言をメディアで流す事が、ニセ科学を生み出す土壌を醸成する善人だけど無知な一般層に対して「あなたの直感から導き出した意見は正しいよ」というようなある種の免罪符的な役割を果たしているように考えています。
これに関してはkikulogの方にも、いずれ考えをまとめて書こうと思ってます。


投稿: 内海 | 2007年4月15日 (日) 23:46

内海さん、今日は。

私は、初期の頃から、ちょくちょく観ていますが、あの「声のでかい」人達は、ずっと、ああいった調子ですね。
何か、はっきり自己主張すれば良いのだ、という短絡的思考な気がします。論理も科学も無いですよね。

ざこばさんの物言いとか、「よくぞ言ってくれた」、と思う人もいるのかも。私は、「何言ってんだよ」、としかならないのですが。

直感的かつ非論理的かつ嫌論理な人は、人の話を聴かないですね。結構疲れますよね、そういう人は。

投稿: TAKESAN | 2007年4月16日 (月) 13:15

TAKESANさん、こんばんは。

>あの「声のでかい」人達は、ずっと、ああいった調子ですね。

同感です。
彼等の場合、科学的な思考が出来そうに無いというのもそうなんですが、なんというか相手に対して「自分が頭に思いついた意見を、整理しないまま早いテンポの喋りで問いかける」事を質問だと思っているのではないかと感じます。
まがりなりにも評論家やジャーナリスト、弁護士や噺家といった肩書きでTVに出ている人間が、相手の意見を聞いてそれを自分の頭で論理的に整理したり、自分の知る他の知識を基に疑問点を見つけだしたり、聞いた考えに対して自分の仮説を立ててそれに対対する意見を相手から聞き出す事すら出来なかったり、怠ったりするのならば、こういったバラエティとはいえ社会問題を扱う番組に出なければいいと強く思います。


投稿: 内海 | 2007年4月17日 (火) 00:24

内海さん、今日は。

殆ど居酒屋談義ですよね。飲みながら身近の人と語らうのなら、まあ、あんな感じでも良いのかも知れませんけれど(私はしませんが)、テレビで流すのは…、という。と言うか、恥ずかしくは無いんでしょうね、ああいう物言いが。
あれを見て、ダメダメだと思っている人も又、多いでしょうね。
私の周りは、『朝生』も嫌っている人が多いですね。他人の話を聴かず、でかい声を出すばかりですから(あれは、田原氏の司会ぶりも、関係しているでしょうけれど)。

場の雰囲気もあるのでしょうね。NHKの番組なら、少々抑え気味になるかも知れません。バラエティ色を強くすると、それが出演者の発言の仕方にも、影響しますね。

投稿: TAKESAN | 2007年4月17日 (火) 13:14

こんにちは。

別な所で書いた「良い物を沢山見なさい」じゃあ無いけれど、私の経験でも日本で「良い議論」というのを見るという経験はどこでできるのだろうなんて考えてしまいます。

ここで話されている様な「喚き合い」を「これが議論だ」と見て育つならなら、「良い議論」などできるはずも無い訳です。

私は「交渉事に強い奴」と言われていますが、私は決して「喚き」ませんよ。「あなたの言われることは、あなたにとっても良くない結果につながるのでは有りませんか」という話をするだけです。私が一時期造った標語は「交渉事は相手の身になって丁寧に、一番痛いところをグッサリと」とです(笑)。

投稿: 柘植 | 2007年4月17日 (火) 13:48

私も、決定的に、「水準の高いものを見る」事が重要だと、考えています。
蛙を海に放り込まないと、井戸の中の出来事が全てだ、と思ってしまう気がします。
日本のプロ野球や、メジャーリーグを見ずに、そこら辺で行われている草野球を見て、それが野球の最高峰のパフォーマンスだ、と思い込む様なものですね(勿論、草野球の非難では無いです…)。

どう考えたって、たかじんさんの番組を観るより、kikulogを読む方が、1兆倍くらい有意義です。

投稿: TAKESAN | 2007年4月17日 (火) 14:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/6100402

この記事へのトラックバック一覧です: 委員会:

« 影響 | トップページ | 全国大会。めぢから »