« 意欲低下か | トップページ | 最も苛烈な批判者たれ »

2007年3月 9日 (金)

悪い意味で真剣

以前の私の認識。

人間、自分が取り組んでいる事を真剣に勉強して、他には目を向けるべきでは無い。そうでないと、真の上達は望めない。

まあ、こんな考えを持った人が陥るのは、視野狭窄、独善、排他、不寛容、といった所です。狭い狭い。自分が何かに真剣に取り組んでいる、と確信する事によって、安心するのですよね。要するに、正当化の為の準備です。「一所懸命やった。それに時間を費やした。それでも出来なかったのだから、仕方無い」と。言い過ぎか。

積極的に他分野を学んで、そこから色々なものを吸収すべきなのですよね。それまで考えもしなかった事が論じられていたり、新しい視点を持てたりしますし。本当に認識力を高めたいなら、そうした方がよろしいと思います。

|

« 意欲低下か | トップページ | 最も苛烈な批判者たれ »

「随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/5609420

この記事へのトラックバック一覧です: 悪い意味で真剣:

« 意欲低下か | トップページ | 最も苛烈な批判者たれ »