« 敢えて科学論で | トップページ | 脳トレ批判 »

2007年3月 6日 (火)

意図的では無いにしても

子どもを守る有害サイトフィルタリング | Yahoo!あんしんねっと

有害サイトから子どもを守ろう! - Yahoo!あんしんねっと

「2005年12月 Yahoo! JAPAN調べ」(リンク先より)なのに、「39.4%の子どもが有害サイトに遭遇」と書くのは、ちょっとミスリーディングな気も、しないでも無いです。

せめて、判り易い場所に、サンプリングの仕方なんかを書く等すれば、色々検討出来て、良いと思うのですけれど。「見たくないページ」というのも、具体的にどんなページなのか、解りませんし。例がありますが、もっと詳細に知りたいですよね。そもそも、リンク先で挙げられている例は、子どもが好んでアクセスしたケースですよね。冒頭の設問とは、ちょっと意味合いが違う様な。(保護者が)「見せたく無い」と、(子どもが)「見たく無い」は、全然異なりますし。

勿論、子どもが、その手(曖昧な表現ですが)のサイトにアクセスしてしまわない様に、色々方策を考えるべきだとは思いますが、その場合、客観的なデータを基にする必要があるのではないかと思います。

--------

一番目のリンクでは、

有害サイトを見てしまった経験のある子ども

二番目のリンクには、

インターネットをしているときに、見たくないページが出てきて、イヤな思いをしたことがある

という設問だったと書いてあります。この設問(「見たくない」という、曖昧な問い方。設問がこの通りだとすると、主観が入り過ぎる。設問の要約だとすると、説明不足)だと、有害サイト(リンク先に説明あり)に含まれないものも、入ってくると思うのですが。いや、詳しい内容が判らないので、あくまで推測ですけれど。

|

« 敢えて科学論で | トップページ | 脳トレ批判 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/5578399

この記事へのトラックバック一覧です: 意図的では無いにしても:

« 敢えて科学論で | トップページ | 脳トレ批判 »