« アクセス禁止 | トップページ | 速く読む »

2007年2月25日 (日)

拘っている

ニセ科学問題を考える事自体が、科学と疑似科学の線引き問題等の、科学哲学的トピックに繋がり、思考の訓練にもなる、というのはあるでしょう。
いずれにしても、批判自体が目的になる事など、考えにくいと思っています(願望も含んでいるでしょう)。

私自身が、「自己目的化」という言葉に、とても拘っていますね。実際、どういう意味なのかを突き詰めるのも、重要なのではないかと。「自己目的化」でググると、色々出てきますね。果たして、同じ様な論理が、ニセ科学批判活動においても、当てはまるのかどうか。

こんな事を書いていると、見方が偏っていると、思われるでしょうね。取り敢えず、この問題について書くのは、これくらいにしておきます。

|

« アクセス禁止 | トップページ | 速く読む »

「社会論」カテゴリの記事

「科学論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/5472533

この記事へのトラックバック一覧です: 拘っている:

« アクセス禁止 | トップページ | 速く読む »