« 楽しく勉強 | トップページ | 「科学」 »

2007年2月13日 (火)

答えられないですよ

「明日地球が滅亡するとしたら最後に何をする?」とか、「明日死ぬとしたら最後に何がしたい?」とか、バラエティ番組なんかで、ありますよね。
そういうのを見ると、へそが湾曲している私は思うのです。「明日地球が滅亡するって、どうやって認識するの?」、「明日死ぬって、どう認識するの?」と。そう思いません? 明日自分の命が消え去る、というのを、どう認識するのでしょう。それって、かなり特殊な状態ですよね。たとえば、何らかの予言を信じていて、その予言が、地球の滅亡を予測するものであった場合、とかでしょうけれど、それって、凄い前提条件ですよね。他にも、死刑囚の場合とか、誰かに捕らえられて処刑されるとか、およそ、一般的には想像出来ない事です。そう考えると、答えは、滅茶苦茶ネガティブなものになりますよね。もしかしたら、気が狂ってしまうかも知れませんし。
他にも、「どうやってそれを知るの?(何から情報を得るか)」という疑問も出ますね。誰かから聞くのか、天からの啓示でもあるのか。それは信頼出来る人か、等々。そして、「自分にそれを教えた存在は、何でそれが判ったのか」を、問うかも知れません。これは、「いつ知るのか」、という問題とも関わってきますね。もし、ある日突然「明日終わるよ」と言われたって、「何言ってんの?」となるでしょうし。説得力がある場合は、上の様に、前日以前に予め知っている場合か、遅効性の猛毒を盛られて(そんな都合の良い? 物があるとして)、「この毒を飲んだから、明日確実に死ぬ。解毒剤は存在しない。」なんて言われる場合、とかでしょうか。まあ、それも、極めて特殊な状況ですね。
という訳で、こんな問い、前提条件をきちんと考えないと、意味が無いのですね。
そして、こんな事を真面目に考える私は、ちょっとどうかな、と思うのです。

|

« 楽しく勉強 | トップページ | 「科学」 »

「随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/5319227

この記事へのトラックバック一覧です: 答えられないですよ:

« 楽しく勉強 | トップページ | 「科学」 »