« シンボル | トップページ | ゲームの解釈 »

2007年2月 4日 (日)

ゲーム脳と脳トレ

ゲーム脳・脳トレ関連のブログを幾つか。

放送済み「ラジオ深夜便」 曲目・演目リスト 2/01木 脳のはたらきとラジオの効用 和歌山県立医科大学教授 板倉徹

・テレビゲームをすると、脳は物を動かす所と見る所のみがうごいている。前頭葉ははたらいていない。
・前頭全野がはたらいていないので他人を思いやることができなくなるという説もある。

もろにゲーム脳ですね。説もある、なんて言い方ではありますが。ワープロを使ったら漢字を書けなくなる、というのは、よく見かける意見ですけれど、ある意味当たり前です。そもそも、思考を素早く出力する為のツールなのですから。わざわざ複雑な文字を書いていられないから、キーと文字が対応している道具を使うのです。そもそも、「脳に役立つ」というのは、どういう意味なのでしょうね。それ自体が、とても曖昧ですから、何とでも言える所があります。

大和但馬屋日記の迷宮物件(2007年02月02日)、←経由で⇒数学教育研究会:科学の先端にある脳科学者の古風な教育観を批判する

大和但馬屋日記の迷宮物件さん、何か面白い文章ですね。で、ですね。ユーザーとして、かなり個人的な意見を書きますけれど(敢えて一般化して書きます)、ゲームをやる人は、『脳トレ』を、「単なるゲーム」としか見てないのですよ。乱暴に書くと、「んなもんで、脳が鍛えられるか」って感じです。多分、あれに、何らかの教育効果を求めて飛びつく人は、元々、余り、ゲームに関心が無い人なんですね。テレビゲームのソフトとして出された時点で(シリアスゲームの様に、明確に教育目的を謳わない限り)、「ゲーム」なんです。脳に良いとか、どうでもいいんです。ゲームは、面白いからやるんですね。だから本来、それが科学的に妥当かどうかは、本当に、どっちでもいいんです。基本的にエンターテイメント性を含む、「テレビゲーム」には。まあ、ユーザーとしては、そんな感じです。

で、ゲーム脳を批判して川島氏を批判しないのはどうなんだ、という意見については、A-WINGさんがブログに書かれていた通り、森氏の説が、ゲーム業界やユーザーを貶める、途轍も無い暴論であるのに対し、川島氏のゲームは、数多発売される内の、単なる一ソフトです。元々、比較の対象では無いのです。結局、そもそも、ゲームでの脳トレに「科学性」を求めるかどうか、という所が重要でしょうか。ところで、ゲーム脳を批判する人は、脳トレを好意的に受け取っているのですか? あくまで印象ですが、ゲーム脳を信用しかける人が、脳トレの登場によって、ゲームを「見直す」というのが、結構見られるのですが。ゲーム脳を批判する人が、脳トレを好意的に捉えるという事は、特に無いと思います。

|

« シンボル | トップページ | ゲームの解釈 »

「ゲーム脳」カテゴリの記事

コメント

まあ、せっかくセガや任天堂が、悪いイメージを逆手にとって、逆にイメージアップにつなげたわけですから、それに水を差すことは書かないほうがいいかなあ、くらいに思ってます。一応私も、多少は政治的な立ち回りをするんです。
(↑ここに書いてる時点で、「政治的立ち回り」の意味がなくなってますが。あと今ではどうせ、書きたいと思っても自分のサイトくらいにしか書けませんが)

私自身は、久保田競さんの『バカはなおせる』を読んで、納得のいくところがあったので、脳トレ系は全く信用してません。
川島さんの本を読んでも、まだ研究途上な感じがするんです。

ちなみに、『直感ヒトフデ』を最後に、ニンテンドーDSのソフトは買ってません。

あと、前からお願いしようと思っていたのですが、私のサイトからInterdisciplinaryさんのサイト(TOPと「ゲーム脳」カテゴリー)に、リンクを貼らせていただいてもよろしいでしょうか?

投稿: ゲイムマン(府元晶) | 2007年2月 6日 (火) 03:29

ゲイムマンさん、今晩は。

「○○は批判するのに××は批判しないのか」という意見は、結構見聞きしますよね。広い意味で、「批判の仕方批判」に含まれるかも知れません。

 >川島さんの本を読んでも、まだ研究
 >途上な感じがするんです。
川島氏は、自説の科学的根拠が不充分である事は、当然自覚しておられる様ですね。その上で、現在の様な脳トレブームの火付け役を担われたという所には、賛否両論あるでしょうね。私は、「否」の方ですが。

 >リンクを貼らせていただいてもよろ
 >しいでしょうか?
ありがとうございます。勿論、構いません。リンクも引用も、どの様にでも(笑) お使い下さい。私の文章が参考になるかは判りませんが…。

投稿: TAKESAN | 2007年2月 6日 (火) 03:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/5193680

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム脳と脳トレ:

« シンボル | トップページ | ゲームの解釈 »