« 懲りないのかな | トップページ | 必読 »

2007年2月11日 (日)

なにで書く?

理系白書ブログ: ブログでのコミュニケーション

たけしさんのコメント(2月11日 8:55)より。

この場で匿名で100回同じことを書くのと、自分の身分を明かして直筆の書面で自分の主張を伝えようとするのとは受け手のインパクトも理解度は違うと思うのです。あなたが受け手の側でしたらどちらの手段で得た情報を真剣に受け取りますか?
同じ手紙で情報を受け取る場合でもA4の紙にワープロ打ちと、和紙に毛筆書きとでは受け手の印象は違います。
僕も正直既存のメディアにはかなり不信感を持っています。でも、Blogでそれを議論するにはあまりにも情報伝達手段として軽すぎて役不足だと思います。
Blogでコメント送信は簡単ですけど、批判する側も本気で意志を伝えたいならば楽をしててはいけないと思います。便せんと封筒を買ってきて、書いて、推敲して、誤字脱字をチェックして切手を貼るという作業がそんなに面倒ですか?

バイアス掛かってますよね。初めから、直筆とか、便箋とか、「手間を掛けて」書く事を好意的に評価しています。確かに、何に書かれているか、何で書かれているか、によって、印象は変わります。しかし、最も重要なのは、「何が書かれている」か、ではないでしょうか。ワープロで書いたか直筆で書いたか、とか、硬筆か毛筆か、等の条件だけで、意見全体に対する評価を形成するなんて、いかにも勿体無い事です。

たけしさんは、デスクに直筆の手紙でも出すべきでは、という事も、前のコメントで仰っていますが、ブログのコメント欄が、不特定多数の目に触れる可能性があるからこそ、そこに書く、というのもある訳で。JosephYoikoさんのご指摘が、当を得ていると思います。

和紙に毛筆で書かれた意見を見て、「自分の意見に自信が無いから、飾り立てているのだな」と思う人も、いるかも知れませんよ。

|

« 懲りないのかな | トップページ | 必読 »

「随想」カテゴリの記事

コメント

ある意味では、「ブログだからこそコメントをする」というのもアリだと思うんですよね。
例えば、新聞社、テレビ局、はたまた行政…そういったものに手紙を出したところで、読まれないままゴミ箱へと捨てられてしまうかもしれない。けれども、ブログへとコメントをすれば、多くの人に見てもらえる。仮に削除されても、削除された、という事実は残る。この意味は大きいでしょうから。
実際問題として、手紙だろうと電話だろうと、匿名でやろうと思えばできますしね。あんまり変わらないのでは…という気はします。

投稿: SST | 2007年2月11日 (日) 15:19

SSTさん、今日は。

そう思います。手紙を送りつける等するのが果たして有効か(受け容れられるか)、という認識は、ありますよね。だから、ブログの様な公開の場でやり取りするのは、有意義ですね。

個人的には、たけしさんが主張される様な、直筆だから、とか、便箋に丁寧に書いてあるから誠意が伝わる、という考えは、素朴だと考えています。それは、社会常識の程度を確認する因子ではありますが、ただそれだけの話ですね。余り、重きを置く必要は無い、と思います。

投稿: TAKESAN | 2007年2月11日 (日) 17:53

理系白書のコメント欄、ウオッチしていたのですが、なんだか議論が停滞してしまいましたね。ブログのコメント欄のほうが匿名(僕の場合は匿名とはいえませんが)とはいえ、公開されているので書き込みには非常に気を使います。こんなことで、議論が進まないのは残念ですね。
管理者も、まだちゃんとコメントに対して答えているとはいえないし、どこか回避しようとしている印象も受けます。でなければ、わざわざエントリーを使って、「たけしさん」に呼びかける事はしないでしょう。
なんだかずれてる感じがしてしまいます。

投稿: corvo | 2007年2月11日 (日) 22:28

corvoさん、今晩は。

 >なんだか議論が停滞してしまいまし
 >たね。
結局、「匿名か実名か」の議論になっちゃってますね…。

 >ブログのコメント欄のほうが

私も、ブログや掲示板のコメントの方が、普段のコミュニケーションより、何十倍も気を遣います。発言が、ログとして残りますし。実は、コメントもエントリーも、何度も推敲するのですよね。(特に、何かを批判したエントリーに)コメントを頂いても、ちょっとどきどきしたり(笑)

元村氏は、問われた事と、ほんの少しずれた回答をされる、という印象があります。無理に、メタな視点に持っていこうとしている、と言うか。結果的に、論点ずらしと受け取られる事も、あるでしょうね。批判なさる方々は、そこをついているのだと思います。

投稿: TAKESAN | 2007年2月12日 (月) 01:29

ブログはエントリにしろコメントにしろ書き込まれた時点でパブリックであり、そのひと個人としては「公式見解」になるんですよね。デスクも読んでくれないし、慎重になるのも分かるんですが。

実名でブログをやると、そこでの立ち居振る舞いまで問われるのが難しいところですよね。本来はコメントを無視しようが論点をずらそうが「個人のブログ」と云う位置づけだとオーナーの勝手、となるんですけど(あまりひどいと読者を失うだけ)、「新聞記者のブログ」ですからねぇ。

投稿: pooh | 2007年2月12日 (月) 04:58

poohさん、お早うございます。

所属を明らかにして、実名を出して書いている以上、一般的(大多数の)なブログとは違う、と考えるべきなのでしょうね。タイトルも、「理系白書」と入っていますし。だからこそ、発言に慎重になるというのも、あるのだと思います。それが、読んでいる人からすると、はぐらかしに見えるのでしょうね。

投稿: TAKESAN | 2007年2月12日 (月) 11:59

>所属を明らかにして、実名を出して書いている以上、一般的(大多数の)なブログとは違う、と考えるべきなのでしょうね。

それはあるでしょうね。
ただ、それならばそれで、初めからコメント受けつけをしないだとか、色々と方策は考えられるのに、あのブログの場合、そうではないですからね。
結局、それが「自分に都合の良い意見だけしか見ない」という風に取られるのではないかと。
松沢神奈川県知事のブログもそうですけど、もう少しネット、ブログという媒体の特性を考えるべきじゃないかと思いますけどね。

投稿: SST | 2007年2月12日 (月) 15:22

SSTさん、今晩は。

そうなんですよね。そして、それを散々指摘されているのに、「読んでいるのかな?」と思われるような回答をされるという。

 >松沢神奈川県知事のブログ

ありましたねえ。良くない見本、と言うか。

投稿: TAKESAN | 2007年2月12日 (月) 22:50

どんどんはぐらかしの方向にいっているように思います。お寿司の話でお茶を濁したりして、コメントでの返答も滞っていますね。
このままうやむやになってしまいそうな気配を感じます。

投稿: corvo | 2007年2月14日 (水) 02:29

次回の(今日かな)理系白書の内容についての質問なりが、ブログに寄せられれば、又何か、展開があるかも知れませんね。

そろそろゲーム脳かな…。

投稿: TAKESAN | 2007年2月14日 (水) 03:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/5299861

この記事へのトラックバック一覧です: なにで書く?:

« 懲りないのかな | トップページ | 必読 »