« ニセ科学教材 | トップページ | D&S »

2007年1月18日 (木)

実験案

不動産屋のラノベ読み - 宗教とニセ科学は峻別できる。 のコメント欄

Lhankor_Mhyさんの仰る反証案は(以前、kikulogでも、同じ様な案が出た気が)、江本氏の主張や価値観の曖昧さを論証する事は出来ても、水伝そのものの反証にはならないと思われます。そもそもbluesy-kさんは、水伝そのものが、テスト可能なかたちで客観的に記述する事が出来ない、と仰っている訳ですし。水伝は、「よい言葉」の影響を主張していますから、それを定量的に捉えるのは、言語の恣意性を踏まえると、不可能だと思います(可能だという主張があれば、教えて頂きたいです)。

思考実験として(そんな提案を、江本氏が受ける訳が無いので)――江本氏を被検者として、Lhankor_Mhyさん案の実験をした場合に、どの様な結果が導かれ、それに対して、江本氏や江本氏の支持者がどういう反応をするか、というのを考えるのは、興味深いと思います。

|

« ニセ科学教材 | トップページ | D&S »

「科学論」カテゴリの記事

コメント

そういえば、こんなエントリーも書いてましたね。

ここに書いている通り、良い言葉/悪い言葉を定義するのは、言語の恣意性から、不可能であると思います。それを踏まえて、厳密には、反証不能だと考えています。そもそも、自然科学的論理と結びつけていますしね。

で、その厳密さをある程度無視して、心理学的次元に持っていけば、実験は可能でしょうね。良い言葉/悪い言葉も、綺麗/汚い結晶も、操作的に定義してしまえば、それなりのものは、可能かな、と。
「良い言葉/悪い言葉」は、辞書的な定義に従って、共通了解を得られている語句を用い、「綺麗/汚い結晶」は、多数の人に評定をさせるなりして、統計解析をすれば、一応、可能でしょうか。

投稿: TAKESAN | 2007年4月30日 (月) 01:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/4976246

この記事へのトラックバック一覧です: 実験案:

« ニセ科学教材 | トップページ | D&S »