« 先生の話とか、自分の事とか、ステレオタイプの事とか | トップページ | 挑戦 »

2006年12月14日 (木)

天才?

先生の話とか、自分の事とか、ステレオタイプの事とかのドラゴンさんのコメントに、ちょっと関連して。

テレビ等で、「○○の天才少年現る!」とか、ありますよね。私は、ああいう持ち上げ方をするのは、どうかと思っています。あの手の番組で紹介される「天才」というのは、単に、大人が出来る様な事を子どもがやってのけた、という意味に過ぎない(つまり、早熟)場合が、殆どですね。人間の発達というのは、様々なパターンがありますから、子どもの頃に突出していたからといって、そのまま右肩上がりに能力が高まっていく訳ではありません。それを考えずに、無闇に持てはやしてしまうのは、宜しくない事だと考えます。それと、天才は、努力をせずとも高みに達する事が出来る、という雰囲気も、結構ある気がします。言葉の使い方が軽々しいというか。まあ、天才という言葉を、ちょっとセンスがある、という意味で使うのであれば、それはそれで、別に構わないのですが。そういえば、イチロー選手は、自身が天才と呼ばれるのを嫌っている、という話を聞いた事があります(うろ憶え)。

個人的には、大人も出来ない様なパフォーマンスが出来る場合に、「天才」と呼ばれるべきだと考えています。要するに、「子ども”なのに”出来る」では、話にならないのですね。

|

« 先生の話とか、自分の事とか、ステレオタイプの事とか | トップページ | 挑戦 »

「随想」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
 
韓国の天才少年のその後です。立派にはなっていますが、途中で地方の大学に落ちるなど挫折もしています。「天才少年というレッテルを貼られストレスが大きかった」だそうです。
http://korea.nifty.com/news/News_Read.asp?nArticleID=14105
 
中国の飛び級の子どもの話です。「生活能力が低すぎる」そうです。
http://www.asahi.com/kansai/wakuwaku/info0804-5.html
 
飛び級と飛び入学の解説。よくまとまっています。
http://www.ne.jp/asahi/box/kuro/report/tobikyu.htm
 
ここに書かれている「イギリスでの調査では、飛び級経験者の60%が「飛び級しなければ良かった」と答えている」の調査結果をどこかで見たのに失念してしまいました。残念。確か、周りとの年齢差から、適切なコミュニケーションがとれないことによることが原因だったと思います。一人で勉強するならよいのでしょうが、議論したりしてお互いに高め合うということができないのでしょうか。
 
韓国の少年の例を見れば分かりますが、博士号を取るなど、一般の人から見れば高い知性を持っているようですが、飛び級じゃなくても、ちゃんと努力すれば到達できるレベルでしょう(私には難しいかもしれませんが)。
確かに、天才というよりは早熟といった方がよいかと思います。

投稿: ドラゴン | 2006年12月14日 (木) 21:03

天才ともてはやす事自体が、一つの枷になるのかも知れませんね。それと、年齢が同じなら能力も同等だ(であるべきだ)と考える人にとっては、抵抗があるのかも知れません。
こういった能力と社会性とは、相対的に独立でしょうから、色々起こるでしょうね。周りの「雰囲気」も、重要でしょう。

早熟であれば、飛び級等をして、どんどん進めば良い、と、周りが冷静に思う様な環境なら、やり易いのでしょうね。なかなか難しそうですが。妬み等のネガティブな感情は、持ってしまうでしょうから。「ふーん、そうなんだ。」となれば良いと思いますが、そう簡単にはいかないかな…。
私なんか、他人の能力などどうでも良い、とか思ったりしています(笑) 勿論、目標にするとか、そういう事はありますけれど。それより、自分を高める事に関心がありますし。皆が、自分の持てる力を存分に発揮しようと心掛ければ、一番良いですね。こんな事を考えられる様になったのも、高名な武術家や学者の言説等に触れてからですが。

投稿: TAKESAN | 2006年12月15日 (金) 00:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/4537042

この記事へのトラックバック一覧です: 天才?:

« 先生の話とか、自分の事とか、ステレオタイプの事とか | トップページ | 挑戦 »