« リンク集を追加 | トップページ | ゲーム・ゲーム脳関連リンク集 »

2006年12月19日 (火)

蔓延

NHKの『視点・論点』で、大阪大学の菊池誠氏(きくちさんです)が、ニセ科学について論じておられました。

個人的には、ゲーム脳が取り上げられていたのが、良かったと思います。ゲーム脳批判がマスメディアに乗る事は、滅多に無いですから(私は、観た事無かったです)。

|

« リンク集を追加 | トップページ | ゲーム・ゲーム脳関連リンク集 »

「ゲーム脳」カテゴリの記事

「文化論」カテゴリの記事

「社会論」カテゴリの記事

「科学論」カテゴリの記事

コメント

うう…これは書いていいのだろうか。

ようつべに、ようつべに…。

直ぐに消されると思いますけど…。

投稿: TAKESAN | 2006年12月20日 (水) 12:54

結局、YouTubeのアレ、あちこちに貼られてますね(笑)

結構、話題になってますね。テクノラティの、「ニセ科学」での検索⇒http://www.technorati.jp/search/%E3%83%8B%E3%82%BB%E7%A7%91%E5%AD%A6?language=ja

その内、はてブにも…と思ったら、既にありました(笑) 早いなあ。

投稿: TAKESAN | 2006年12月20日 (水) 23:53

エントリーにする様な事でも無いので、こちらに。意味が解らない方は、スルーして下さいね。

kikulogで、何やらちょっと、ややこしい事になっていますが、私も、kuritaさんのコメントと同じ理解をしていました。

お二方のやり取りを見ていて思ったのは、nakanishiさんは冷静な方だな、という事です。正直感心しました。

kikulogにコメントを寄せるのは、ちょっと躊躇われました。書かない事も反応ですので。当事者同士に任せないと、ちょっとこじれてしまいますからね、ああいうのは。
でも、何となく自分の考えを言いたくて、こちらに書きました。

投稿: TAKESAN | 2007年1月10日 (水) 01:31

じゅんさんは、まさに「言葉遣い」について指摘された訳で、それは、基本的なコミュニケーションの問題ですよね。

私は、心情的には、じゅんさんと同じ感想を持ったので、こういう事を書きました。その後のじゅんさんに対する指摘も、何か変だと思いますしね。でも、それをコメントすると、どう考えてもこじれる。ここに書いても同じ事の様な気もしますが、ちょっと腑に落ちない所があったので…。

文字だけのやり取りは、難しい。

投稿: TAKESAN | 2007年1月10日 (水) 01:47

今まで過去の記事を読んでおりました。いろいろ参考になります。

この放送のおかげで、「ニセ科学」という言葉が一般の方々にも浸透したようですね。
なかには反発しているサイトもありますが、「自分の信じているものを非難されている」と感じるのでしょうか。
最近は正しい科学を学ぶと同時に、「ニセ科学」という考えを受け入れない人の気持ちについても、少し考えたくなりました。

ところでここのTAKESANさんのコメントを読んで気になったんですが、もしかして「ヨシダさんは実はツンデレだった件」ですか。
私も最初「何者?」と思いましたが、じゅんさん程では無かったです。
何しろ以前は「朝は誹謗中傷、おやすみ前は罵詈雑言」が飛び交う世界に住んでましたので。
poohさんの所に現れた不正連呼氏など、可愛らしいもんです。(人として終わってますね、この感覚)
ただ、じゅんさんの「言葉を大切に」という気持ちは分かります。
ネット上の議論などを見ていると特に実感します。(例えば某相対主義猫さんとか)
普通の方ならやっぱりじゅんさんと同じ想いになるでしょうね。

その後のこなみさんや柘植さんのコメントを読むと、普段の研究者さん同士の会話は「内容重視、言葉づかいは二の次」という感じですね。
おそらく白熱した研究現場では、厳しくも内容の濃い言葉が飛び交っているのでしょう。
想像していたら、こなみさん達までツンデレに見えてきました。

投稿: TAKA | 2007年11月17日 (土) 04:23

レスが一月近く遅れてしまい、申し訳無いです。

▽▽▽引用▽▽▽
なかには反発しているサイトもありますが、「自分の信じているものを非難されている」と感じるのでしょうか。
△△引用終了△△
それとともに、ニセ科学という言葉の意味を必ずしも理解していない、という事も、あるのでしょうね。

ヨシダヒロコさんのコメントについては、え? という感じだったのですね。強い物腰にいたるきっかけが、今一つ解らなかった、と言いますか。なので、じゅんさんの反応を見て、そう感じますよね、と、同意したのでした。

テキストベースのコミュニケーションは、対面でのものとは決定的に情報量が異なるので、出来る限り冷静に、言葉遣いは丁寧にいきたいと思っています。それが慇懃無礼に見える、というリスクもあるかも知れませんけれど、丁寧に望む事のメリットを取っています。

投稿: TAKESAN | 2007年12月11日 (火) 17:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/4601929

この記事へのトラックバック一覧です: 蔓延:

« リンク集を追加 | トップページ | ゲーム・ゲーム脳関連リンク集 »