« 潜在的擁護システム | トップページ | ことば »

2006年11月 8日 (水)

本当なのですか?

前にも書きましたが。

「昔は、今日見られる様な、陰湿・悲惨ないじめは無かった」、と言う人がいます。

それは本当の事ですか?

いじめに、悲惨でないもの、陰湿でないものが、あるのですか? 「自分がされたら」、という考えを、根拠にしていませんか?

今の人が、昔より人間性が荒廃している、と言いたいのですか?

「いじめは良くない」と考えている人はいじめをしないのだ、と思ってはいませんか? 規範意識が強力な人でもいじめをする、という事もあるのです。結果的にいじめになっていた、という事もあるのです。

自分はいじめをした事が無い、と、断言出来ますか? 自分に自覚が無くても、思い返すと、あれはいじめだった、という行為はありませんでしたか? 知らない内に、自分(自身や)の世代を正当化してしまってはいませんか?

|

« 潜在的擁護システム | トップページ | ことば »

「いじめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/4105792

この記事へのトラックバック一覧です: 本当なのですか?:

« 潜在的擁護システム | トップページ | ことば »