« 暴論 | トップページ | 究極vs至高 »

2006年11月21日 (火)

解剖

「ゲーム脳」論の、「どこが」、「どの様に」おかしいかを、簡潔かつ充分に纏める必要があると思っています。森氏の主張は、論理的に矛盾だらけで、交錯しており、又、ゲーム文化そのものの複雑さもあるので、それを解きほぐして整理するというのは、なかなか難しい事ではありますが。

|

« 暴論 | トップページ | 究極vs至高 »

「ゲーム脳」カテゴリの記事

「科学論」カテゴリの記事

コメント

期待して待っています!(催促のつもり)

投稿: 遊鬱 | 2006年11月21日 (火) 23:46

遊鬱さん、今晩は。

 >期待して待っています!
えー!(笑)
「自分が」、という意味でもなかったり。
いや、自分なりに、纏めようとは思っていますが、ある意味で、水伝より難しいですからねえ。
気長にお待ち下さい…。

投稿: TAKESAN | 2006年11月22日 (水) 00:13

こんばんわ。

うんうん、命燃え尽きるまで待っているよ!時には厚かましく催促してみることも必要だね(笑)

私がこの種の問題を判読する際は、

・科学的にどうか(例えば脳波のでたらめな理解は既に専門家からも指摘されている)
・論理・常識的にどうか
・社会認識としてどうか(少年犯罪は急増・凶悪化しているとか)
・発言者の過去の言動などから正統性があるか

みたいなものを分けて考えているつもり(あくまでもつもりだけどね)。多分、下の方ほどある種訴求性があって、分かりやすい部分なのだけど、一番クリティカルなのは上の方だよね。

投稿: 遊鬱 | 2006年11月22日 (水) 22:40

遊鬱さん、今晩は。

どこがおかしいかを理解出来ても、それを伝えるのが難しかったりしますね。どういう対象に向けて発信するかでも違いますし。ちょっと信じかけている人、に向けた文章が必要だと思っています。

この問題に関しては、ゲイムマンさんの仕事が、とても大きいですね。業界は何もしなかったし。

 >下の方ほどある種訴求性があって、分
 >かりやすい部分なのだけど、一番クリ
 >ティカルなのは上の方だよね。
そうそう。そう思います。

投稿: TAKESAN | 2006年11月23日 (木) 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/4251521

この記事へのトラックバック一覧です: 解剖:

« 暴論 | トップページ | 究極vs至高 »