« こころとからだ、そして… | トップページ | 潜在的擁護システム »

2006年11月 7日 (火)

メモ:川島隆太氏の研究について

  • 単純計算や音読が、前頭前野(の一部)を賦活させるという事は、実験的に確かめられた事実と考えて良い。
  • 川島の仮説は、「脳は生体である」→「筋肉等は、事前にウォームアップさせる事によって、その後のパフォーマンスのレベルを向上させられる」→「ならば、脳も、同じ様なメカニズムが働くはずである」というもの。それを、認知症の患者を対象にした研究によって実証しようというのが、川島の活動。川島の研究によれば、単純計算・音読は、有意な効果を及ぼした。だが、立命館大学のチームによる研究では、他者とのコミュニケーション等が影響している可能性が、示唆された。
  • 単純計算・音読は、課目の構造が単純であるが故に、脳活動の変化との対応が計測し易い。川島は、漫画やゲーム等が、前頭前野を活性化させない(休息させる)と結論づけているが、これらの文化は、そもそも多様なものである。又、興味・関心、その他の状況によって、取り組み方に変化が現れると考えられる。これらを踏まえずに、○○は前頭前野を活性化させない、と断ずるのは、早計である。※川島氏は、「漫画」としか書いておらず、「ゲーム」についても、パズルゲームやシューティングという事だけで、タイトル等は書いていません。これでは、明らかに不充分です(詳細が記述してある論文等をご紹介頂けると、ありがたいです)。

|

« こころとからだ、そして… | トップページ | 潜在的擁護システム »

「科学論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/3402581

この記事へのトラックバック一覧です: メモ:川島隆太氏の研究について:

« こころとからだ、そして… | トップページ | 潜在的擁護システム »