« 是非お読み下さい | トップページ | 何故掴ませるか。又、汎用性について »

2006年11月11日 (土)

何を教える?

太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。』(スペシャル版でしたね)を観ました。

「一日一時間、農業の時間を設ける」、という主張がありました。言わんとする事は、同意出来る部分もあるのですが、賛成する人の意見で気になったのが、「富士山を見ても感動しない子が云々…」とか、いかにも、自然が善であるとして、人工物に対しての不信を主張する様な態度であったりとか、そういう部分。実際、富士山を見て感動するかどうかなんて、人の勝手です。それで感動しないのはおかしいのではないか、というのが、実は、かなり問題のある考え方だと思います。今回の(高木美保さんの)マニフェストに関しては、太田さんの意見に同意しました。何故「農業」なのか? と。農業への取り組みによって、どうにもならない事があるのだと認識出来る、とか、これを、農業特有のものであるかの様に言うのは、他の産業に関わる人に対して、失礼な態度であると思います。

(以下、ちょっとこじつけ)たまーに、こういう話をする際、コンピュータ(とかゲーム)等を引き合いに出して、(いかにも、それらが単純であるかの様に)批判する人もいますが、そういう人は、プログラミングとか、した事無いのでしょうね。1字の打ち間違いがバグを発生させるという、そういうシビアなものだとは、考えもしないのでしょうね(なんて、解った風な事を書いていますが、私自身、そっち系の知識は、今や、忘却の彼方ですけれど)。それを理解しても、「身体を使っていないから」、と言われそうですが。何でも、突き詰めていくと、深いのですよね。それが当然だと思います。

まあ、でも、農業の体験をさせる、というアイデア自体は、構わないと思います。それで本当に、食べ物についての感謝の心等が養われるかどうかは、不明ですが。個人的には、工作をもっとやらせたり、技術について教えた方が良いのではないかと思っています(「ものづくり」と書くと、いかにもわざとらしい)。工業製品の製造過程を見学したり、模型を作らせたり。鉄道模型等をまともに作らせたら、かなり勉強になるのではないですかね。目標も明確ですし(「何が模型だ!」と思った方は、偏見を持っておられます)。

私は、教育については、西川史子さんの考えに近かったりします(同じでは無いですよ、勿論)。西川さんの言い方は、ちょっとあれですが。学校を、人間性形成の場(それを教師が担う)であると看做すのは、どうなのだろう、と考えています。道徳教育すら要らないのではないかとも思っています。ちょっと極論ですけれど(何となく考えただけです)。

|

« 是非お読み下さい | トップページ | 何故掴ませるか。又、汎用性について »

「社会論」カテゴリの記事

コメント

あの番組はエンターテイメント性が強くてあまり見ませんが・・・・

学校を人間形成の場にしたいなら,教育システム構築にもっとコストをかけるべきだと思います。
教育に膨大なコストがかかることを承知しているからこそ,求人は「即戦力求む」で,従業員はおろか店舗指導者までパートタイムだったり。
ところが,誰もがそれを承知していながら,学校教育となると教師個人の振る舞いの話ばかりで,教育システム全体にコストを掛けようという話が親からすら出ないのが,なんともやるせないです。

投稿: A-WING | 2006年11月11日 (土) 13:21

A-WINGさん、今日は。

私は正直、教師に期待をかけ過ぎ(ちょっと語弊があるかも知れませんが)だと思います。現場を知っている訳では無いですが、やはり、教師の負担は大きいのではないかと。現在のシステムで、教科教育と、道徳教育等による人格の陶冶を共に、教師に求めるのは、無理がある様に思います。

仰る様に、やれ、やれと言うなら、コスト面も含めて、根本的な所から考えるべきだと思います。システム的な問題を考慮せず、個人の努力に過度に期待するべきでは無いですね。

投稿: TAKESAN | 2006年11月11日 (土) 17:26

 A-WINGさん>あの番組はエンターテイ
       >メント性が強くて
マニフェストとやらも、議論が紛糾する様な、極端な主張である事が多いですね。いかにも、エンターテイメント的味付けですね。実は、私も、余り好きな番組では無かったりします(笑)

投稿: TAKESAN | 2006年11月11日 (土) 18:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/4139238

この記事へのトラックバック一覧です: 何を教える?:

« 是非お読み下さい | トップページ | 何故掴ませるか。又、汎用性について »