« 菊 | トップページ | 早いなあ »

2006年10月21日 (土)

ガンプラ脳?

2ちゃんねるの、ちょっと古めのスレッド⇒ガンプラ作ると頭が良くなる=諏訪東京理科大発表

このスレでも突っ込まれていますが、ガンプラと一口で言っても、何を、どこまで作るかで、難易度は変化する訳で。

MGを素組みするよりも、FGを、継ぎ目消し→全塗装する方が、圧倒的に難しいですしね(MAX渡辺氏も、そう仰っています)。そもそも、ガンプラを「作る」という概念が、はっきりしません(研究では、ちゃんと設定されているでしょうけれど、条件を統制し過ぎて、我々が「プラモを作る」という場合の現象の幅広さとは、かけ離れていそうな予感)。

FGを素組みする段階から、完全変形Sガンダムをスクラッチする段階まで、かなりバラツキがあるのですから、いかにも単純な研究だなあ、と。「ゲーム脳」なんかと一緒ですね。

しかし、海外ではガンプラは難し過ぎて子供に作れないといった声もある。

「声もある」と言われても、という感じですが、ガンプラって、模型の中でも最高度に作り易いのでは? まあこれも、どこを目指すか、というのが問題になりますが。パーツの合いが悪くても、要接着剤でも、組み上がれば完成、という事だったら、完成時の精度を余り考慮しなければ、構造がシンプルな方が、実際遥かに簡単ですから。その意味では、HG~PGは、パーツの多さ、細かさ等から考えて、より難しい課題であると言えるかも知れません。

こういうのは、条件の設定によって、いくらでも難しく出来ますね。「なるべくゲート跡を綺麗にする様にパーツを切り出す」とか、「吹き放しで鏡面に近い塗装面に仕上げる」とか。そうなってくると、それらの細かい課題を意識しながら、試行錯誤を繰り返して上達を目指さざるを得ない訳ですから、いわゆる「頭を使う」という事につながると思います。パーツの切り出しでは、ニッパーを当てる角度とか、ゲートにどの様に力が掛かるか、という事を考えねばなりませんし、塗装では、塗料の特性、塗料間の相性、ハンドピースのメカニズム等、様々な条件を頭に入れておかないとならないので(模型の場合、リカバリーが出来ますが、経済的では無いので、そもそも失敗をしない様にしよう、となります)、かなり複雑になります。

なんて偉そうな事を言っていますが、私は、ガンプラしか作らない人間だったりします。今は模型はお休み中ですね。将来、スケールモデルなんかもやりたいと思っています。どちらにしろ、一生続けようと考えている趣味ですから、取りあえずは後回し。

Book MAX渡辺&大越友恵のガンプラ大好き!

著者:MAX渡辺,大越 友恵
販売元:ホビージャパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 菊 | トップページ | 早いなあ »

「ホビー」カテゴリの記事

「科学論」カテゴリの記事

コメント

海外では,プラモデルは子供の者で,大人の模型はスクラッチビルディングとらえられているようです。もっともこれは,かなり昔の情報ですが,いまでもそういう見方があるとしたら,ガンプラはかなり複雑なレベルでしょう。
今の日本には,ロボダッチのような単純なパーツ構成の模型って,もうないんじゃないでしょうか。

ガンプラに限らずプラモは,樹脂や金属の粉塵,塗料やパテの有機溶剤が体に悪いので,そのあたりをちゃんと対策するよう啓蒙した上で,教育的メリットを見なくてはいけませんね。ゲーム脳と同じです。「何事にも先達はあらまほしきことなり」ですね。

投稿: A-WING | 2006年10月21日 (土) 15:36

A-WINGさん、今日は。

現在のスナップフィットのガンプラは、「複雑だが組み易い」、といった所でしょうね。だから、元々、構成がシンプルなものしか周りに無い環境の場合、難しく感じられるのかも知れません。複雑だと、組むまでの時間も長くなりますし。
 
日本だと、模型一般=子どもの趣味という認識が、大勢の様な気がします。模型の中でも、「ガンプラ」だと、益々そう思われそうな…。そういう人には、「マスターグレード組んでみて下さい」と言いたくなりますが(笑) 外国では、模型は、立派に大人の趣味と認知されている、という話を見聞きした事があります(本当かどうかはよく知らないのですが)。

 >ガンプラに限らずプラモは,樹脂や金属の粉塵,塗料やパ
 >テの有機溶剤が体に悪いので,そのあたりをちゃんと対策
 >するよう啓蒙した上で,教育的メリットを見なくてはいけま
 >せんね。
これは正にそうですね。模型誌等で、こういう事について、もっと啓蒙活動をすべきだと考えています。リスクについては考慮しなければいけませんね。そういう意味では、接着剤不要で、無塗装・無改修でも、ある程度の見栄えになるHG以降のガンプラというのは、なかなかに良く出来たものですね。安全性と、完成した際の満足感を、一定のレベルで両立させている、というか。

投稿: TAKESAN | 2006年10月21日 (土) 15:59

スパムダストを食らったので、TBを閉じます。

投稿: TAKESAN | 2006年12月26日 (火) 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菊 | トップページ | 早いなあ »