« 直感的 | トップページ | 「ゲーム脳系」のロジック »

2006年10月25日 (水)

ゆーらゆらー

※ご注意。以下、ネタバレを含みます(ストーリーには触れませんが、それでも、ネタバレと感じる方もおられるかも知れませんので、一応書いておきます)。

バガボンド 24 (24) Book バガボンド 24 (24)

著者:井上 雄彦,吉川 英治
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

武蔵の動きが変わりましたね。

元々、連載開始の段階で、あの様な成長過程を描く予定だったのか、それとも、途中で、井上氏自身に認識の変化があり、それを投影したものなのか。なかなか興味深い所です。

|

« 直感的 | トップページ | 「ゲーム脳系」のロジック »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「武術・身体運動」カテゴリの記事

コメント

作品を通しての仏教観みたいなものの延長線上ともいえそうです。
宝蔵院での、心身と万物の一体感を描いた部分が、今回の展開とつながっているように思います。

それにしても、小次郎編で一時期、絵が雑になった感があったのですけど、あれって、アシスタントに書かせたのかってぐらいに、違和感ありませんでしたか?

投稿: 慶 | 2006年10月25日 (水) 19:31

慶さん、今晩は。

 >宝蔵院での、心身と万物の一体感を描いた部分が、今回
 >の展開とつながっているように思います。
成る程。ストーリーの展開として、とてもよく出来ていますよね。

今巻では、具体的な身体運動の描写が、「お!」と思わされるものでした。力に頼らず刀に身を任せる、という認識への転換が、武技にも反映されるという。それが、より具体的に描かれている、というか。
私は、宮本武蔵を、優れた身体運動家として見ているので、それがどの様に表現されるのかな、という所に、いつも注目しています。

 >小次郎編で一時期、絵が雑になった感があった
あ、私は気付きませんでした。というか、井上さんの画に対しては、いつも、「もうちょっと丁寧に描いた方が…。」と思うので…。

しかし、面白い作品ですよねえ(笑) 井上さんの漫画は、何でこんなに面白いんだろう、と思ったり(いや、読んだのは3作だけですが)。

投稿: TAKESAN | 2006年10月25日 (水) 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/3939971

この記事へのトラックバック一覧です: ゆーらゆらー:

« 直感的 | トップページ | 「ゲーム脳系」のロジック »