« ゆーらゆらー | トップページ | 必読 »

2006年10月26日 (木)

「ゲーム脳系」のロジック

「ゲーム脳」と、それに類似する主張をまとめて、「ゲーム脳系」とします。

  1. 人間の脳には、攻撃衝動を抑制する、即ち、「人間らしさ」を司る部分がある。
  2. ゲームを長時間行うと、その「人間らしさを司る部分」に、深刻なダメージを受ける。
  3. ゆえに、ゲームを長時間行うと、「人間らしさ」が失われる。

この様なロジックを、ゲーム脳系の論者は主張する訳ですが、2の部分をしっかり検証する事なく、結論(3の部分)を肯定するのです。これは、明らかに飛躍ですが、ゲーム脳系の支持者は、なかなかこの事に気付かない(或いは、意図的に無視する)様です。そもそも、「ゲームを長時間行う」という文自体が、ゲームという文化を単純化しているのですが。「テレビの前に座ってコントローラをガチャガチャやっている」という場面を観察して、全てのゲームは同じ様なものであると短絡しているのでしょう。例えば、「ゲーム」の部分に「スポーツ」を代入すると、「いや、スポーツと一括りにされても…」と、大部分の人は感じると思いますが、自分のよく知らない文化に対しては、そう考えないのですね。自分にとって未知の領域を単純であると看做すのは、一つの社会心理学的バイアスかも知れません。

何度も書いていますが、もし、「ゲームが脳に与える影響」を考察するのであれば、ゲーム一般に共通する因子を明らかにし、それが脳にどの様な影響を与えるのかを、調べるべきなのです。そうでは無く、一部のゲームをプレイしている際の脳活動の変化を調べた場合には、過度の一般化を避け、その結果がどれだけ他のゲームについても敷衍出来るかを、よく吟味する必要があります。又、条件を統制した状況での実験的研究によって得られた結果が、どの程度、実際の生活状況に一般化出来るか(生態学的妥当性)、という事も、よく考えなければなりません。

大体、文化現象が脳にどの様に影響を与えるか、という事を、神経科学的実験の結果のみを以って判断するという認識自体、かなり素朴であると思うのです…。

|

« ゆーらゆらー | トップページ | 必読 »

「ゲーム脳」カテゴリの記事

「ゲーム論」カテゴリの記事

「科学論」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

鹿島茂の場合、さらに「人間らしさ」の部分で上に突き抜けていましたよ。さすがは仏文学者だけあってフロイト、オカルト精神分析に通暁されているみたいで、歴史的に家庭に確固とした父性がないと超自我が育たず人を殺しますと(大意)。そして父性の権威を担保するのはコトバであって映像文化は家庭から排せと。

わずか1ページでありながら、ここまで濃密な電波浴ができるとは素晴らしすぎます。せめて映像文化が入ってきたことに比例して少年犯罪が増加しているどころか、減少しているという事実(私は相関関係ないと思っていますよ)ぐらい、いいかげん…。この種の若者の精神分析でもって論ずる方はことごとく、知能検査を受けてもらいたい気分。

投稿: 遊鬱 | 2006年10月27日 (金) 04:22

遊鬱さん、今日は。

私も読みましたが、結びで、「子どもに殺されたくないなら、ゲーム等を取り上げて、コトバを教えろ」(うろ憶え)、と書いてあるのを見た時には、クラクラでした。

ああいうエッセイを読んで、「フムフム、成る程」と感じる読者がいるのだと考えると、何とも…。

 >この種の若者の精神分析でもって論ずる方
批判に対して閉じてしまっていますよね。実証的な根拠も無く、どんどんエスカレートしてしまっているので、とても厄介だと思います。何故あれ程一般化出来るのか、という感じです。

投稿: TAKESAN | 2006年10月27日 (金) 13:14

>ああいうエッセイを読んで、「フムフム、成る程」と感じる読者がいるのだと考えると、何とも…。

不思議なことに婦人公論という女性誌なわけじゃないですか?それなのにあんな前世紀の遺物のような父性のみの教育を称揚する(母性についての記述はなかったはず)言説が載っているということなんだけど。

そのような部分に引っかかるよりもなお「体感治安」の悪化にひきずられているということなんでしょうかね…。だいたい社会全体からならまだしも、ちょっと家庭からテレビやらゲームを排除したぐらいでね~その抑圧(フロイト風)というストレスから犯罪を引き起こす可能性が高まるのでは?

投稿: 遊鬱 | 2006年10月28日 (土) 03:39

遊鬱さん、今日は。

 >婦人公論という女性誌なわけじゃないですか?
あ、確かに。
もしかすると、大部分の女性も、実は「無意識的」に父性を求めていて、あの様な記事を書けば、賛同を得られるのではないか、と、鹿島氏は考えたのかも知れません。読者の年齢層にもよるでしょうね。

 >「体感治安」の悪化にひきずられているということなんでしょ
 >うかね…。
そうでしょうね。そう思い込んでいる人に、映像メディア云々と言えば、「そうなのか!」となるのかも。

 >その抑圧(フロイト風)というストレスから犯罪を引き起こす
 >可能性が高まるのでは?
実際、された側(子ども)は、大きなストレスを受けると思います。受験勉強があるというので、ゲーム機を取り上げた、という話は、比較的身近でも、聞いた事があります。
あの記事を読んで、本当に取り上げた養育者は、(ほんの一部にしろ)いるでしょうね…。

投稿: TAKESAN | 2006年10月28日 (土) 13:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/3950471

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲーム脳系」のロジック:

« ゆーらゆらー | トップページ | 必読 »