« お知らせ | トップページ | 答えましょう »

2006年9月24日 (日)

誤読、あるいは…

血液型性格判断について調べた事のある方なら多分ご存知の、ABO FAN氏の、ABO FAN Home Pageに、心理学者の大村政男氏についての記述があります⇒ABO FAN Home Page/Prof. Ohmura

他の部分については、良く調べていないので解らないのですが、後半の、「“転向”の謎6  ついに“転向”が事実上確定!~古川説の再検討~」の部分において、ABO FAN氏は、

これを“転向”と言わずして何というのでしょうか? さらに驚くべきことに、一部とはいえ、能見さんをほめる記述さえあります。

  • [能見正比古さんが作成した]この「[血液型]十戒」は非常に優れたアドバイスなのであるから反故にするのは惜しいと思う。(224ページ)

と書き、「血液型十戒」を引用した後で、

読めばわかるとおり、これは「血液型と性格は関係ある」ということが大前提です。そうでなければ、「非常に優れたアドバイス」と言うはずがありません。つまり、大村さんは、“転向”したことが事実上確定(!)したことになります。(引用者註:強調等は、はずしてあります。以下同様)

としています。ABO FAN氏は、(大村氏が)「能見さんをほめる」と仰っており、その根拠を、

  • [能見正比古さんが作成した]この「[血液型]十戒」は非常に優れたアドバイスなのであるから反故にするのは惜しいと思う。(224ページ)
  • という部分に求めた訳ですが、引用元を読んでみると、些か意味合いが異なる様です。以下、同じ箇所を、少し前から引用してみます(解り易くする為に、で示します)。

     これらの発表で能見正比古の「血液型十戒」を批判しておいた。その「十戒」といわれるものは右ページに掲げてあるが、それを作成したのも、それを破ったのも能見正比古なのである。この「十戒」は非常に優れたアドバイスなのであるから反古にするのは惜しいと思う。(大村政男『図解雑学 心理学』ナツメ社 2006 224ページより引用)

    如何でしょう。私は、この部分を、「<血液型十戒>の様な優れたアドバイスを提示しておきながら、能見氏は、自身でそれを破ったのである」と、大村氏が「批判」なさっているのだろうと読み取りました。何故ABO FAN氏は、大村氏が肯定論者へ「転向」したと主張なさるのでしょうか。又、

    これは「血液型と性格は関係ある」ということが大前提です。そうでなければ、「非常に優れたアドバイス」と言うはずがありません。

    この部分は、論理的におかしいと言わざるを得ません。ABO FAN氏のサイトに、「十戒」が引用してあるので、そちらをご参照頂くと解ると思いますが、このアドバイス、要は、「血液型で差別しないように」という内容です。その意味で、「優れたアドバイス」と大村氏は評価なさったのでしょう。つまり、「血液型と性格に強い関連がある事を前提しなくとも、”非常に優れたアドバイス”と言う事は出来る」という意味です。血液型十戒で前提されているのは、「血液型によって性格が判断出来ると信ずる人が存在する」という事です。

    心理学 Book 心理学

    著者:大村 政男
    販売元:ナツメ社
    Amazon.co.jpで詳細を確認する

    |

    « お知らせ | トップページ | 答えましょう »

    「科学論」カテゴリの記事

    血液型性格判断」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/3549792

    この記事へのトラックバック一覧です: 誤読、あるいは…:

    « お知らせ | トップページ | 答えましょう »