« 書く | トップページ | 薄 »

2006年9月29日 (金)

必修

ロテ職人の臨床心理学的Blog: 新文科相グッジョブ経由⇒痛いニュース(ノ∀`):「美しい日本語話せないのに、外国語やっても仕方ない」「小学英語、必修不要」…伊吹文科相

「美しい」というのは、まあ、あれですね。「正確な」(これも微妙ですが)とか言った方が良いのではないですかね。

小学校で英語を必修にして、どの程度の効果があるのか、という事でしょうね。将来、英語の論文を読んだり、ビジネスで役立てる等の素地になる程の効果は得られないのではないかな、というのが、個人的な考えです。そもそも、小学生が、どの様な動機付けで以って、英語を勉強しよう、と思うのでしょうね。ちょっと想像しにくいです。こういうのは、英語しか話せない人と話したいから、とか、英語で書かれた文章(好きな歌の、英語で書かれた歌詞、とか、英語の論文とか)をどうしても読みたいから、等の動機があるからこそ、「やろう」と思うものではないのかな、と思います。

大体、知識は、日頃使わないと、どんどん忘れるものですから、そういう意味でも、なかなか難しい気がします。語学など、特にそうなのではないかなあ…。単語をある程度憶えておけば、後で必要になった場合に、学習がやり易くなる、というメリットはあるでしょうけれど。

|

« 書く | トップページ | 薄 »

「随想」カテゴリの記事

コメント

引用ありがとうございます。

確かに動機づけってのは重要で、研究で英語の論文を読まなきゃいけないとなると、必然的にその程度には使えるようになるもんですよね(もちろん、中学以来の英語教育という素地があってのことだとは思いますが)。

その後の英語教育の改革も踏まえた必修化であればまだわからくもないのですが(…んー、でも必要ないなぁ)、必修化を推し進めている人たちはそういう考えもなさそうですし、新文科相はその発言の意図はともかく、とりあえずグッジョブってことで。

投稿: ロテ職人 | 2006年9月29日 (金) 08:19

ロテ職人さん、今日は。

結局の所、小学校での必修化の効果がどの程度か、というのが重要なのでしょうね。小学5年から、週1日程度の授業を行うというのは、どうなのだろうな、という気がします。その頃から英語に親しませておく、という考えも、解らないでもないですが。
中学以降の授業の進め方を、どうにかした方が良いのではないかな、とも思います。

投稿: TAKESAN | 2006年9月29日 (金) 12:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/3612624

この記事へのトラックバック一覧です: 必修:

« 書く | トップページ | 薄 »