« 笑い話 | トップページ | どの様に信ずるか »

2006年9月19日 (火)

注目

遊鬱さんの、冬枯れの街:「ただいま…まだ言ってなかったよね?」経由で⇒注意欠陥、学習障害の子ども TVゲームで改善

シリアスゲームの応用の一端ですね。とても興味深いものだと思います。

「ゲームを安易に悪者だと決めつける必要はない。来院する子どもの親が『ゲームばかりしていて心配』と訴えるが、『そんなにゲームが好きなの?』と子どもたちに聞くと、『別に』という。ゲームに逃げ込むしかない家庭環境に問題があることも少なくない」

ここは押さえておくべきですね。ゲームに原因を押し付けて、他の諸々の条件を無視してしまうのは、危険です。

身体的に悪影響を及ぼすほどゲームを行えばよくない。ほどほどにすることが大切

(「ほどほど」がどの程度なのか、というのは、議論のある所でしょうけれど)、妥当だと思います。一部の論者は、「そもそもゲームは危険なものである」と主張している訳ですが。それは早計です。

|

« 笑い話 | トップページ | どの様に信ずるか »

「ゲーム論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/3494334

この記事へのトラックバック一覧です: 注目:

« 笑い話 | トップページ | どの様に信ずるか »