« 騙され易い? | トップページ | 戦乙女 »

2006年5月 8日 (月)

いつ教えるか?

島宗理さんの自然と人間を行動分析学で科学する内、日本人はなぜ英会話が苦手なのか?を読んで。

実に見事な分析だと思います。後半部分の、

もう一つの理由はネイティブらしく話すことへの抵抗感の違いである。どうも男子はネイティブらしく話すことが恥ずかしいと感じるらしく、thの発音も上下の歯に舌をはさまず「サ」と発音してしまったりする。どうすればネイティブに近い発音になるか知っているし、できるのに、しないのだ。

 中学や高校の英語の時間を思いだしていただきたい。どこの学校にも、音読をあてられたときに、やたらネイティブっぽく発音する同級生がいなかったか。そんなとき、クラスの反応はどうだったか。少なくとも私の経験ではクスっとした笑いか、ひどいときにはそれをネタにからかったりしていた(私はからかう側だった)。

 日本人なのにネイティブっぽく発音することは、子どもの頃からこうやって社会的に弱化されてはいないだろうか? 成人してからの発音の学習を抑制している要因のひとつにこうした文化的な背景があるように思う。

この部分、成る程と思いましたね。「それらしい」発音をしようとしている人に対して、「カッコつけ」とか、「知ったかぶり」という評価を与えて、小馬鹿にする、という事は、結構あったかも知れません。それが、日本人の社会性の特徴なのかは良く判りませんが(社会心理学や社会学で、そういう事を調べる研究はなされていますけれど)。そういう経験が、「未熟であるのに”出来るかのように”振舞うのは、恥ずかしい事である」、という認識を形成するのかも知れません。それは、ポジティブに機能すれば、「謙虚さ」になり、ネガティブには、「消極性」になるのだと考えられます。

外来語をあたかも日本語のカタカナ発音することがカッコ悪くなり、ネイティブっぽく(かつ正確に)発音することがカッコ良くなる文化へと世代が変わってきているのだろうか。

ラジオを聴いていると、DJが、日本語まで「英語っぽく」発音しているのを耳にする事がありますが、あれには、個人的には違和感を覚えますね。「そこまで英語みたいにしなくても…。」という感じです。あ、全然話が違いますね(笑)

小学校で英語を習いはじめるというのは、遅いのではないか、という気がします。「気がする」だけですが。

|

« 騙され易い? | トップページ | 戦乙女 »

「文化論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/1706654

この記事へのトラックバック一覧です: いつ教えるか?:

« 騙され易い? | トップページ | 戦乙女 »