« これから | トップページ | 人に出来ない事 »

2006年4月30日 (日)

無と無限

誰しも、「死んだらどうなるか」と、考えた事があると思います。それを突き詰めていくと、「ああ、これ以上考えると、気が狂うだろうな…。」という所へ到達します。曖昧な書き方ですが、解る人には解る(当たり前)と思います。その事を考えている時は、独特の身体意識が感じられます。それは、筆舌に尽くし難いものです。

もう一つ、私が思索したのは、「永遠の命を手に入れたらどうなるか」という事です。こちらも同じく、考えれば考える程、絶望します。

言葉で説明するのは、なかなか難しいですが。それは、哲学者や文学者の仕事でしょうね。

無にしろ無限にしろ、思索を進めると、行き着く先は、どちらも絶望です。絶望の二重拘束といった所でしょうか。絶望を回避するには、宗教的概念にすがるしか無いのかも知れませんが、私は無神論者です。

まあ、どうする事も出来ませんから、考えたって、しょうが無いですね(笑)

|

« これから | トップページ | 人に出来ない事 »

「随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/1619844

この記事へのトラックバック一覧です: 無と無限:

« これから | トップページ | 人に出来ない事 »