« 森昭雄氏の講演会(3) | トップページ | 新世代 »

2006年3月 8日 (水)

森昭雄氏の講演会(4)

川端裕人さんが、森昭雄氏の講演会について、レポートの続きをアップされました⇒リヴァイアさん、日々のわざ: 「あなたの方がおかしい」と森昭雄氏に言われるの巻(世田谷区のゲーム脳講演リポートその2)

川端さんも書いておられる通り、完全な「アウェイ」の立場であったと思います。区が主催する講演会に招かれた講師への、一質問者としての川端さんの批判は、ゲーム脳に対して肯定的な印象を持っていた他の聴衆にとっては、単なる、「文句」や、「難癖」と受け取られたのかも知れません。川端さんの反論が、全く正論であるだけに、残念な事です。

例えば、凶悪犯罪が激増している訳では無い、という川端さんの反論に対しては、メディアの報道を視聴して、(凶悪犯罪は増えているという)印象を強化した人にとっては、「何を言っているのだろう。」と、受け取られた可能性があります。「成る程、そうだったのか。」と思う様な人は、少数であったかも知れません。

他の森氏の回答について、ですが、聞かれていない事を言い、聞かれた事には答えないという、論点ずらしを行っています。これも、森氏に好意的な人にとっては、「わざわざ相手にしていない」と受け取られた、という事もありえます。

そして、

「わたしは、日本の子どもが、笑わなくなり、キレるようになり、おかしくなっているのを見て、日本のためにやっている。川口市の小学校でも、2年間の取り組みで不登校児がゼロになる(元々二人の不登校児がいたらしい)といういい結果が出た。そういうのを問題にするあなたの方がおかしい」と述べる。そして、会場からは拍手喝采が湧き起こる。(上記エントリーより引用)

「拍手喝采」だそうです。これは、森氏に少なからず好意的である事を示しています。
自己の、「子ども達がおかしくなっている」という「印象」が強く、川端さんの真っ当な反論は、受け入れられなかった、という事でしょうか。

やはり、世田谷区の講演会のデザインは、まずかったと言えます。残念な事ですが、発言者の属性によって、受け取り方が変わる、という事が、あるのでしょう。講演者と一聴衆、大学教授と一市民(川端さんが、ご自身が小説家である事を言われたかは判りません。それを仰っていれば、展開は異なったかも知れません。それはそれで、属性によって受け取り方が変わる、という点で、問題ですが。追記(2006年3月8日):川端さんは、職業を仰ったそうです。川端さんのブログのコメント欄で確認)という構図の中で、反論を受け入れて貰う、というのは、困難な事である、と言えるでしょう。対等な立場(ここでは大学教授)の論者による、シンポジウム等を行うべきであった、と考えます。

|

« 森昭雄氏の講演会(3) | トップページ | 新世代 »

「ゲーム脳」カテゴリの記事

コメント

出先なので某所コメントで気になったところを数点。
1.脳波の空間解像度の悪さを挙げていますが、時間的解像度の良さを考慮していないのはなぜですか?逆にあげておられるPETの優位性は?
2.過剰なBOLD信仰は危ないと思いますが、そもそもfMRIは何をみているのでしょうか?SPMがどんな内部処理を行っているか考えたことはありますか?
3.脳波解析はSPMでやっているわけではありません。ご自身で聞かれるといいかと思います。

曲がりなりにでも専門家を名乗ってブログに書き込みされるのならば、確実なことを書くべきでしょう。他でも書きましたが似非科学に似非科学で対応しているのはまずいと思います。あと記憶で有名どころの名前は書くべきではありません。scientistなら。

あくまで忠告にすぎないのでお目汚し申し訳ありません。

投稿: 通りすがり | 2006年3月 8日 (水) 12:16

通りすがりさん、今日は。

通りすがりさんは、恐らく勘違いをなさっていると思います。「某所」とは、多分、私が最近書き込みをしたブログの事だと思われますが、ブレイン・イメージングについて論じておられたのは、別の(私のコメントの直後の)方です。今一度、ご確認下さいませ。
一応、私の事を書きますが、私は神経科学の専門家ではありませんので、当然、本ブログでも、ブレイン・イメージングの具体論について、言及した事はありません。というより、書けません。
ご理解下さいましたでしょうか。

投稿: TAKESAN | 2006年3月 8日 (水) 12:39

申し訳ありませんでした。

某所のコメント欄がコメントのあとに投稿者の名前が出るものだと思っていませんでした(言い訳のようで見苦しいですが、これまでは投稿者の名前が先に出てから本文というブログにしか投稿したことがなかったもので)。

投稿内容が一般の方には更に誤解をまねく表記でしたのであわててモバイルで投稿してしまった間違いの元でした。

ご失礼のほど伏しておわびします。コメントは消去していただいてかまいません。

投稿: 通りすがり | 2006年3月 8日 (水) 18:32

通りすがりさん、今晩は。

どうか、お気になさらないで下さい。

あちらのブログは、最近テンプレートが替わって、現在の様な表示になりましたね。私も、初めは戸惑いました。

さて、
>投稿内容が一般の方には更に誤解をまねく表記でした

との事ですが、ある程度専門的な内容でしたので、私には、どの部分が妥当で、どこが誤解を招く表現であるかは、解りませんでした。
一度、あちらのブログで、質問なさってはいかがでしょうか。通りすがりさんが、こちらにコメントを下さった、という事は、他人のブログのコメント欄で、議論になる事を避けるための配慮であったのだと理解していますので、憚られるかも知れませんが。

投稿: TAKESAN | 2006年3月 8日 (水) 19:22

森昭雄教授の講演会にゲーム機を隠し持って行きてぇなぁ。拍手喝采からいきなりブーイングになりそうですな。

投稿: 名無っしーⅩ | 2008年12月16日 (火) 19:39

名無っしーⅩさん、今晩は。

上のやり取りを見て懐かしくなった…。

それはともかく、講演とかの時に持ってる人って、意外といるかも。さすがに森氏の講演では無いかなあ。

投稿: TAKESAN | 2008年12月16日 (火) 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/955086

この記事へのトラックバック一覧です: 森昭雄氏の講演会(4):

« 森昭雄氏の講演会(3) | トップページ | 新世代 »