« 手の裡 | トップページ | 便利? »

2006年2月13日 (月)

メモ:剣の振り2

振り下ろしと同時には、手首は返さない様に(尺屈させない)します。刃の根元が先行する様にイメージします。

脚の力を抜きます。腿裏を利かせます(高岡英夫氏の言う「裏転子」)。

ふくらはぎの緊張を、最小限に抑えます。ふくらはぎを使わない様に、と意識し過ぎて、却って固まってしまう場合があるので、注意を要します。

足を踏み込む際は、地にふわりと置きます。決して、地面を叩く様に行ってはなりません。

無闇に速く振らない様、心掛けます。

何回振っても、手にマメが出来ない様に心掛けます。常に柔らかく握ります。

主観的な、「力が漲っている感じ」というのは、身体に無駄に入っている力、に対する認知の場合があります。例えば、上腕の伸・屈筋群を同時に出来る限り収縮させると(力こぶを出す状態)、その様な感じを覚えますが、物理学的にはそれは(肘・肩関節の運動を阻害するという意味で)不合理な運動です。その様な拘束的な身体意識に対して、肯定的な意味づけを行う事は、避けなければなりません。

|

« 手の裡 | トップページ | 便利? »

「武術・身体運動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/692697

この記事へのトラックバック一覧です: メモ:剣の振り2:

« 手の裡 | トップページ | 便利? »