« ゲーム脳の恐怖(5) | トップページ | ゲームとは何か(2) »

2005年12月21日 (水)

ゲームとは何か(1)

今回は、「ゲーム」とは何か。について考察していきたいと思います。

(今回から、『ゲーム脳の恐怖』の内容から大分離れるので、タイトルとカテゴリーを変えます。前回までは⇒ゲーム脳。『ゲーム脳の恐怖』については、今後改めて、詳しく論ずるかも知れません。)

先ず、「コンピュータ・ゲーム」の辞書的な定義をみてみましょう。コンピュータゲーム - Wikipediaには、

「コンピュータゲームとは、プレイヤーの行動(入力)以外の全てをコンピュータによって処理されるゲーム。ゲーム画面をビデオモニターに出力するためビデオゲームとも呼ばれる。また、いわゆるLSIゲームも含めて電子ゲームと呼ばれる場合もある。」

とあります。

上記の定義を見ると、「プレイヤーの行動(入力)」とあります。ここがとても重要です。何故ならば、これが、ゲームと言える為の必要条件の一つであると考えられるからです(人間の入力が反映されないのであれば、それを「ゲーム」と呼ぶ事は出来ないでしょう)。私達が種々の入力装置(キーボード、マウス、マイク、家庭用ゲームに用いられる所謂「コントローラ」、タッチパネル等)を用いて信号を入力し、それがコンピュータで変換・処理され、その結果が出力されます。勿論、それだけでは定義としては不十分なので、「コンピュータによって処理されるゲーム」と説明されています。そうしなければ、人間の入力の結果が反映される全てを、「コンピュータ・ゲーム」と看做さなければならなくなるからです。そして、「ゲーム画面をビデオモニターに出力」とあります。これにより、携帯電話を用いたゲームや、『たまごっち』などの小型ディスプレイを用いたゲームにまで一般化出来ます※

※「ビデオモニター」という語が妥当かどうか、という問題もあります。「表示装置」や「ディスプレイ」とするべきかも知れません。「テレビ」という語は、前回書いた理由により、不適当であると考えます。たまごっちの画面を「テレビ」という事は、一般的には無いでしょう。

ただ、注意しなければならないのは、視覚的な出力(即ち光信号の出力)は、必要条件ではない、という事です。視覚障害者用のゲームは、まさに「コンピュータ・ゲーム」ですが、プレイする際の出力(入力の手掛かり)は、一般的には、「音」の信号です。そこは踏まえておく必要があります。

ここで「コンピュータ・ゲーム」を、「ゲームの内、人間による信号の入力がコンピュータによって処理され、その結果が表示装置(ディスプレイ)やスピーカー等へ出力されるもの。出力された信号は、次の入力の手掛かりであり、操作の直接の対象である」としましょう。

この定義は、ある程度妥当なのではないでしょうか。

上の説明であれば、「テレビゲーム」も「携帯ゲーム」も、「携帯電話のゲーム」も「アーケードゲーム」も、『太鼓の達人』も『ダンスダンスレボリューション』も含まれます。そして、「ボウリング」や「パチンコ」、「麻雀」や「将棋」、「メール」や「チャット」は、「コンピュータ・ゲーム」とは言えない、となります。

この定義を用いる事によって、「ゲーム(あるいはテレビゲーム)が与える影響」や、「ゲームが脳に悪影響を及ぼす」という主張をする人々の「ゲーム」が、「(上記の定義による)コンピュータ・ゲームの内、表示装置を(主な)出力装置として用いるもの」である、と推測する事が出来ます。これはそれ程的外れではない筈です。ゲーム否定論者が、視覚野の活動に言及している事からも、それが窺えます。そして、「ゲーム」だけではなく、「メール」や「チャット」、「掲示板」等(の悪影響)に言及する論者は、上記の定義から、「ゲームの内」という部分を捨象し、表示装置を(主な)出力装置として用いる、という概念※2を想定しているのでしょう。『ゲーム脳の恐怖の』著者である森氏は、この様な概念を対象としていると思われます。即ち氏は、(上記の定義に従えば)『ゲーム脳の恐怖』において、「コンピュータ・ゲーム」の悪影響を「発見」したと主張し、他の著作等によって、※2にまでそれを拡張出来る、と主張したと言えます(それは、『ゲーム脳の恐怖』で仄めかされていた)。そして、その拡張した概念を、「ゲーム脳」という、狭い概念を示す語をそのまま用いて説明したのです。

※2「人間による信号の入力がコンピュータによって処理され、その結果が表示装置(ディスプレイ)に出力されるもの。出力された信号は、次の入力の手掛かりであり、操作の直接の対象である」の様になります。

さて、私は前回、「ゲームという文化が、他の様々な文化を部分的に含みうる、超複雑な、総合的文化現象である」と書きました。この事については次回論じます(今回言及する予定でしたが、長くなってしまったので、後回しにします)。

2006年11月29日追記:コンピュータゲームの定義を追加

|

« ゲーム脳の恐怖(5) | トップページ | ゲームとは何か(2) »

「ゲーム論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/127519

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームとは何か(1):

« ゲーム脳の恐怖(5) | トップページ | ゲームとは何か(2) »