« ゲーム脳の恐怖(2) | トップページ | ゲーム脳の恐怖(4) »

2005年12月19日 (月)

ゲーム脳の恐怖(3)

A-3:2.に関連して、データの恣意的な解釈、見落とし、あるいは意図的な無視が見られる。

A-4:主観的印象・既成観念の過度の一般化、つまり、そもそもゲームは良くないものだと思い込んでおり、それを正当化するために論述をすすめている。

について、です。(森昭雄:『ゲーム脳の恐怖』,2002 参照)

これらについては、各所で痛烈に批判されています。

例えば、まえがきにおいて、ゲームのキャラクターと同じ格好をしている(コスプレ)人をみて「ショックを受け」(5頁)たことや(しかも、何故か「無表情で歩いている」(5頁)という表現をしている)、(その経験を基にしての)日本の未来に対する危惧が書かれています。その後も、「異様な雰囲気」(5頁)等の、極めて主観的な、「印象」が語られています。即ち、ある特定の文化に対するネガティブな評価が先にあり、それを正当化するために論述が進められている、ということです。

経験的な認識を基にして、仮説を構築すること自体は、特に問題はありませんが、その仮説を検証(あるいは反証)する際に、著者は、とても科学的妥当性が充分とはいえないプロセスを踏んでいます。

例えば1章には、

「高齢者における痴呆を、おでこに相当する前頭前野領域の頭皮上から記録されるα波とβ波の比を求めることで、約85(引用者註:原典は漢数字)パーセント判定できる機器とその方法を確立してきたのです。」(21頁)

とあります。ここで、痴呆(認知症)を「約85パーセント判定できる」としていますが、まずその主張が妥当であるかどうか、という問題があります。脳波から認知症であることを判定出来るということは、認知症の人に特異的にその脳波のパターンが現れることを実証しなければならないはずですが、そのことについては言及されていません(この主張の妥当性については、各所で批判されています)。

更に、この主張を前提として、ソフトウェア開発者(8人)の脳波を測り、「痴呆者と同じ脳波を示した」(21頁)と言っています(どの様な状況で脳波を測定したかは書かれていない)。ちなみに、21-22頁では、開発者(の仕事)に対して、「ひらめいたり、集中しているのはわずかな時間で、ただ画面をみている時間のほうが圧倒的に長いのです。」と評価しています。この記述は、仕事の「慣れ」等について全く考慮されていません。常識的に考えて、毎日数時間する仕事には、創造的な思考を働かせる場面や、殆ど何も考えずに身体を動かす時間もあるでしょう。そしてそれは、どの様な仕事でも同様です。常に強力に集中し、創造力を働かせる、ということ自体が、かなり特殊な状況でしょう。もし、ソフトウェア開発者(プログラマー等)の仕事が、他の仕事に比べて集中力も創造力も少なくてすむ、と主張するのであれば、それを社会科学的に研究する必要がありますが、それもありません。著者は、脳波を計測して、良くない(と著者が主張する)波形が見出されたから、開発者の仕事は、脳をあまり使わなくても出来るのだろう、という誤謬をおかしたのではないでしょうか。

25頁には、以下の様な記述があります。

「前頭前野の機能低下と思われる身近な例も挙げてみましょう。たとえば、人目を気にせず電車内で化粧をしている人、公衆の面前で抱き合っているカップルなど。人間らしさを表現する場所である前頭前野が働かず、理性、道徳心、羞恥心、こんなことをしたら周囲がどう思うだろうということを、考えられなくなってしまっているのです。」

ここでは、著者や、著者に類似の主張をする人に共通する論理の展開がみられます。即ち、「価値」や「認知」の問題を、即座に「脳機能の低下」に結び付ける、という誤謬です。

価値観の違いを、脳機能の「異なり」に拠る、と看做すことは出来るでしょう。認知が脳の神経細胞の活動パターンであると考えれば、当然その様な見方をすることは出来ます。しかし、「電車内で化粧をする」ことや、「公衆の面前で抱き合」うことが、脳の「機能低下」の結果である、と言うのは間違っています。自分が「道徳的であると思う」ことを普遍的な価値だと決めつけ、それを他人に押し付ける、そして、その価値観に合わない言動を、「非常識」だと看做し、マイナスの評価を下します。あまつさえ、その根拠を、脳波(やMRIやMEGやPET)の測定結果に求めます。「非常識な行動をとる人は、脳がおかしくなっているのだ」と。脳科学者等が、この様な主張をしているのを見かけることがあります(森氏はその筆頭と言えるでしょう)。このような主張に、私は恐ろしさを覚えます。

価値観などというものは、相対的なものです。それは、文化毎に差異があり、どれが「正しい」とはそもそもいえないのです。森氏と同様の主張を展開する人々には、広い人文・社会科学的(記号論や文化人類学、社会心理学等の)認識が足りないのでしょう。

26-28頁では、睡眠時間減少とテレビゲームの関係について論じられていますが、ここでも、睡眠時間が減少しているというNHKの調査が紹介されているだけで、それが、テレビゲームをやる時間が長くなったから、という主張と無理矢理結び付けられています。あるのは、テレビゲームをする「頻度」についてのデータで、睡眠時間減少とテレビゲームをやる時間との因果関係については、論じられていません。例えば、学校の勉強をする時間の増加と睡眠時間の減少に有意の関係が見出されたとして、「勉強時間を減らせ!」と、「テレビゲームをする時間を減らせ!」という時と同じ調子で、言うのでしょうか。恐らく言わないでしょう。初めから、勉強=役に立つもの、テレビゲーム等=役に立たないもの、という前提があるでしょうから。

又、そもそも睡眠時間が減ることが悪い事なのかどうか、についても何も語られていません。どの位睡眠をとれば良いのか、それはどの様なメカニズムに拠るものなのか、等についてです。

以上の様な誤謬は、本書の到る所に見られ、枚挙に遑がありません。

それを、著者が意図的に(嫌いなものを攻撃しようとして)行っているのか、あるいは確信犯的に(正しいと信じて)行っているのかは、知る由もありませんが、著者に、社会科学的認識が足りないのは確かだといえるでしょう。「認知」に対する考察なくして、文化と行動の関係など、論ずることは出来ないのです。

ゲーム脳の恐怖 Book ゲーム脳の恐怖

著者:森 昭雄
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ITに殺される子どもたち 蔓延するゲーム脳 Book ITに殺される子どもたち 蔓延するゲーム脳

著者:森 昭雄
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

反社会学講座 Book 反社会学講座

著者:パオロ・マッツァリーノ
販売元:イースト・プレス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ゲーム脳の恐怖(2) | トップページ | ゲーム脳の恐怖(4) »

「ゲーム脳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/112763

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム脳の恐怖(3):

» 「昔は良かった」に気をつけろ! [銅の錬金術師のお金研究所]
「何がめじろパンだよ、ふざけやがって」と言われる皆様、 ごめんなさい。 さっ、気を取り直して今日はまじめにやります。 昨今、凶悪犯罪がメディアをにぎわせています。 愛のない時代だからといって 今年の漢字に「愛」が選ばれてしまったくらいです。 その是非はおいといて、テレビで放送されるヒマな人向けの ワイドショーと言われる報道系の長時間生番組では この手の事件が起きるたびに、有識者面したコメンテーター達が 「昔は地�... [続きを読む]

受信: 2005年12月24日 (土) 16:30

« ゲーム脳の恐怖(2) | トップページ | ゲーム脳の恐怖(4) »