« ゲーム脳等 | トップページ | 考える »

2005年12月17日 (土)

ゲーム脳の恐怖(1)

さて、「ゲーム脳の恐怖」についてです。

その前に、お断りしておきます。

これから書く内容は、『ゲーム脳の恐怖』を読まれた方を対象にしています。従って、読んでいることを前提として論を進めていきますので、その点はご了承下さい。未読の方には、是非原典に当たられることをお勧めします。(私は、本書を初めて読んだ時に、目から鱗が落ちました。「この様な非科学的な本を公刊することが出来るのか。」と。)

閑話休題。本題に戻ります。

まず、本書全体に亘る問題点を列挙してみましょう。(類似の主張の殆どに当てはまることでもあります)

  1. 「ゲーム脳」という概念の学術的定義が為されていない。
  2. 統計学的(社会調査的)妥当性に乏しい。
  3. 2.に関連して データの恣意的な解釈、見落とし、あるいは意図的な無視が見られる。
  4. 主観的印象・既成観念の過度の一般化、つまり、そもそもゲームは良くないものだと思い込んでおり、それを正当化するために論述をすすめている。

以下は、批判者もあまり指摘しない点です。

  1. そもそも「テレビゲームとは何であるか」という視座が無い。(「テレビゲームの心身に与える影響」等を論ずる際に、最も重要である視座)
  2. 「ゲーム脳」という表現の問題―メールやパソコンのディスプレイの長時間の注視でも症状?が出ると主張している※のに、「ゲーム」脳という表現をするのは妥当性に欠ける。強い光刺激の恒常的な受容とでもすればよいのに、ゲームやメール・チャットなどを出してくるのは何故か。

等です。

※この主張は、『ゲーム脳の恐怖』の著者である森昭雄氏の、『ITに殺される子どもたち 蔓延するゲーム脳』等によって展開されています。

次回以降、上記について、一つ一つ具体的に見ていきたいと思います。特に、今までの批判者が余り具体的に論じていない、B-1の「そもそもテレビゲームとは何であるか」ということについて、又、その心身に与える影響について考察するには、どの様にすれば良いか、ということについては、詳細に書きます。

ITに殺される子どもたち 蔓延するゲーム脳 Book ITに殺される子どもたち 蔓延するゲーム脳

著者:森 昭雄
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ゲーム脳等 | トップページ | 考える »

「ゲーム脳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/110013

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム脳の恐怖(1):

« ゲーム脳等 | トップページ | 考える »